“街・店・人をつなぐ”仙台のタウン誌

「仙台っこ」は仙台の街の顔といえるタウン誌を育てたいと願い、1995年3月に創刊されました。
毎号特集を組み、地元・仙台で活動している方や、がんばる商店の方々などを紹介しています。また、健康情報やエッセイ、「実は東北一の○○○」などあまり知られていないディープなネタ披露、旅行記事や読者プレゼントなど盛りだくさんです!
近年、ビジュアルが大半の雑誌が多いなか、“読んでおもしろい”タウン誌をコンセプトに編集しています。

偶数月1日発行。1冊306円(税込)。
市内主要書店または郵送(送料別途)にてお求めください。定期購読も受付中。

最新号 Feed

仙台っこ新緑号(2024年6月-2024年7月・通巻176号)

★私が社長になった理由(わけ)-PART2- 私がつなげる未来
一般社団法人イシノマキ・ファーム 代表理事 高橋 由佳/株式会社ヤマナカ 代表取締役 髙田 慎司
株式会社グリーディー 代表取締役CEO・一般社団法人1mm Innovation  代表理事 浜出 理加/
Social Impact Accelerator(SIA)とは

★会員社訪問 開盛庵
★宮城の食材 百珍 宮城県黒川郡大和町 竹亭大和別邸「わらび」 株式会社竹亭 代表取締役社長 阿部 英之
★─ 躍動する宮城の ─ ヴォーチェ 株式会社ATOMica コミュニティリード 鈴木 郁斗
★旅に出ようヨ  岩手県 岩手網張温泉
★旬の一品 優しい時間が流れる可憐な花のカップ&ソーサー 夢陶房
★地図でめぐる タイムトリップ仙台 大正元年(1912年)
★仙台弁こけしのゆる〜ぐいぐすぺ♪ 佐藤 寛和
★ザ インタビュー Open Village ノキシタ 加藤 清也
★おたすけキッチン サーモンの青じそジェノベーゼ風そうめん

街の詩 詩/伊藤美菜子  写真/船形山のブナを守る会 大和町 千葉文彰
街かどニュース&トピックス
バイヤー藤野香織の「東京発」
仙台っこ歌壇 俵万智賞 予備選発表 岡本弘子
凸凹3兄弟 naomi
れきしさんぽ まちさんぽ すずき きぬこ
小児科医の眼 小児科医 堺武男
知識の交差点
風張広美税理士事務所 風張広美
行政書士 おのでら法務事務所 小野寺智
酒ざんまい 髙橋輝雄
横丁Column 横丁は今日も元気/たなばたけ だより
ドクター奥口の糖尿病のはなし 奥口文宣
インフォメーション −展示会・募集
PRのページ
里のくらし いなか野こ
花座かわら版
街メッセージ
新・宮城の昔ばなし
本びより
集まれ! うちの子たち
会員社リスト・個人会員
Sendaikko Senryu
仙台っこ会員社MAP
仙台っこ読者プレゼント
ぞうかば雑談 関口ぞうかば子
アンチエイジング 草原幸二通信
Paradiso dei film 遠藤瑞知の映画天国
40代からの「生前整理」
YOKOのアメリカ便り
病院ガイド/「仙台っこ」取り扱い書店
多田農園のさくらんぼ

表紙の絵 「仙台市博物館の彫刻」 柴田 治

インフォメーション Feed

2024年6月3日 10:41 仙台っこ新緑号が発売になりました

仙台っこ新緑号(2024年6月-2024年7月・通巻176号)が発売になりました

2023年新緑号の特集では、社会課題解決と持続可能なビジネスの両立を目指しSIA(P7参照)を受講した「社会起業家」の方々を紹介し、たくさんの反響をいただきました。今回は、第2弾としてそれぞれの企業がつくる製品もご紹介。買って、楽しんで、それぞれの取り組みを応援しましょう!

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2024年4月1日 13:23 仙台っこ春陽号が発売になりました

仙台っこ春陽号(2024年4月-2024年5月・通巻175号)が発売になりました

今年は、東北の政治・文化の中心地として栄えた多賀城の創建から1300年にあたります。
そこで多賀城市の歴史や文化に触れて、今を楽しむおすすめスポットをご紹介。
この機会に、ぜひ多賀城市にお出かけしましょう!

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2024年1月31日 16:13 仙台っこ立春号が発売になりました

仙台っこ立春号(2024年2月-2024年3月・通巻174号)が発売になりました

今年で13年となる今、震災や防災への意識を後世に伝える伝承も大きな課題となっています。今号では、東北大学災害科学国際研究所シニア研究員で民俗学者の川島秀一先生に伝承についてお話をお伺いするともに、県内の震災にまつわる言い伝えが残るスポットをご紹介します。

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2023年12月1日 09:37 仙台っこ冬陽号が発売になりました

仙台っこ冬陽号(2023年12月-2024年1月・通巻173号)が発売になりました

いつもすばらしい音楽を届けてくれる「仙台フィルハーモニー管弦楽団」。
2023年に50周年を迎え、さらなる進化を遂げようとしています。
今号では、そんな仙台フィルの魅力を大特集!
本誌を読んだあとは、ぜひコンサートでお楽しみください!

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2023年9月29日 19:45 仙台っこ秋冷号が発売になりました

仙台っこ秋冷号(2023年10月-2023年11月・通巻172号)が発売になりました

県内に続々とオープンしているワイナリー。さらに、各ワイナリーでは醸造だけではなく、さまざまな取り組みを行い、広がりをみせています。今号では、そんなワイナリーの取り組みをご紹介します。

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2023年7月31日 17:06 仙台っこ盛夏号が発売になりました

仙台っこ盛夏号(2023年8月-2023年9月・通巻171号)が発売になりました

子どもも大人も、きっと誰もが楽しみにしているおやつ。おやつを食べる時間は、笑顔や幸せがあったはず。そこで、おやつにまつわる思い出を調査しました。皆さんの、思い出のおやつは何ですか?

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2023年6月1日 09:22 仙台っこ新緑号が発売になりました

仙台っこ新緑号(2023年6月-2023年7月・通巻170号)が発売になりました

仙台市・卸町の「INTILAQ東北イノベーションセンター」を拠点に行われる社会起業家育成・支援プログラム「SIA」を知っていますか? より良い社会づくりのために起業を目指す方々を支援するもので、多くの卒業生が東北各地で起業しています。今号ではSIAの内容と、卒業後に起業した方々の思いをご紹介します。

第二特集は、「最近、新しいお店が増えた」と編集室でも話題の秋保エリア。
そこで、2022~23年にオープンしたお店をピックアップ!
お出かけしたくなる新たな魅力をご紹介します。

読者プレゼントも満載です!

ご覧ください。

2023年4月3日 11:20 仙台っこ春陽号が発売になりました

仙台っこ春陽号(2023年4月-2023年5月・通巻169号)が発売になりました

春は始まりの季節。今号では、夢や目標に向かう若者たちをクローズアップしました。挑戦を続ける若者たちの姿勢や言葉は、私たちを励まし、元気を与えてくれます。

2022年度 第16回 仙台っこ歌壇 俵 万智賞年度賞大賞を発表もあります。

ご覧ください。

2023年2月1日 12:01 仙台っこ立春号が発売になりました

仙台っこ立春号(2023年2月-2023年3月・通巻168号)が発売になりました

東日本大震災から13年目に入り、震災の状況や防災の知識を伝承していくために、各施設ではさまざまな思いを持って展示をしている方々に震災から「未来に伝えたいこと」をお伺いしました。

ザ・インタビュー
津波復興祈念資料館 「閖上の記憶」 館長 小齋 正義さんにお話を伺いました。

読者プレゼントも満載です!

どうぞお楽しみに〜。

2022年12月3日 10:34 仙台っこ冬陽号が発売になりました

仙台っこ冬陽号(2022年12月-2023年1月・通巻167号)が発売になりました

今回の特集は「まったり ほっこり 温泉と本」。

温泉にのんびり〜しながら、本を手にとってみませんか?

もちろん、温泉街での美味しいもの、お土産もあわせてご紹介させていただいております。

もう一つのミニ特集は「自販機の世界」。

ジュースだけではない。えっ?!こんなものも自販機で販売?!…な世界をご紹介。

その他、今号もバラエティ豊かな内容でお送りいたします。

読者プレゼントも満載です!

どうぞお楽しみに〜。